職場での五月病予防

職場での五月病予防のページを説明

新着記事一覧

職場での五月病予防

ゴールデン・ウィーク明け頃に、新しい環境や人間関係に溶け込めず、五月病になる人が出てきます。

五月病が長引くと本人はもとより、周りへの仕事量の負担増加など、職場全体にも影響を及ぼしますので、常日頃から仕事や人との良い関係を築くための職場でのサポートが重要となってきます。

職場の上司や同僚の声かけは、五月病予防には効果的です。
コミュニケーションをとることで、職場の一員と認められたと感じ、ストレスが薄まると同時に仕事もスムーズに進むようになります。
ですから普段から話をしやすい職場環境を作ることが大切です。

また社員が元気がない、仕事のミスが目立つ、遅刻や早退・欠勤が増えるといった行動には、職場の人間が早期に気づき、対処することが必要です。
怠けている、無責任だ、と責めても根本的な解決にはなりませんから、病院へできるだけ早く行かせるようにしましょう。

事業所内外に、カウンセリングを委託したりメンタルケアのプログラムを充実させるといったネットワークを作っておく必要があります。
社員が五月病など心身に負担を感じた時、すぐに相談や診断ができる体制を整えることも職場環境を良くすることにつながります。

今では管理職もまたストレスにさらされる時代です。
会社全体で、社員のワーク・ライフ・バランスを重視した働き方のできる体勢を整えることが大切です。
Category 五月病

健康第一の職場での五月病予防のリンクについて

健康第一の職場での五月病予防のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。