自律訓練法

自律訓練法 のページを説明

新着記事一覧

自律訓練法

春になって環境の変化から不安やストレスを感じ、五月病に悩む人は少なくありません。

ストレス状態がたまると自律神経の働きが悪くなり、食欲不振や頭痛、下痢、便秘などといった様々な症状が現れます。

自律訓練法とは、こんな症状が現れた時、頭の中でゆったりとしたイメージを作り体をリラックスさせることによって、自律神経の働きを元に戻す方法です。
自律神経が元の状態になると、血流も回復し体調も良くなり、心身ともに健康になっていきます。

自律訓練法の手順についてですが、まず、静かな場所に仰向けに寝て、体の力を抜いてください。
椅子に座って行うこともできます。

1.手足が重いと感じる。
右手、左手と順番にしても、両手が重いと感じてもかまいません。
すぐには重さを感じないかもしれませんが、毎日繰り返してリラックスできるようになると感じることができるでしょう。

2.手足が暖かいイメージを思い浮かべる。

3.心臓が静かに脈打っていることを感じる。

4.楽に呼吸していると感じる。

5.おなかが温かいと感じる。

6.額が涼しく心地よいと感じる。

7.最後に、深呼吸をして大きな伸びをします。

自律訓練法は、すぐにすべてを感じることは難しいと思いますが、3〜5分程度を目安にして、できなくてもその時間で終了してください。
気楽に、時間があるときに試してみると良いでしょう。

慣れてくると電車の中などいつでもできるようになりますから、これで五月病を乗り切って、明るい生活を過ごせるようになりましょう。
Category 五月病

健康第一の自律訓練法 のリンクについて

健康第一の自律訓練法 のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。