「スチューデント・アパシー」

「スチューデント・アパシー」 のページを説明

新着記事一覧

「スチューデント・アパシー」

五月病は「スチューデント・アパシー」とも言われます。

1961年、ハーバード大学の精神科医P・A・ウォルターズ氏が、主に大学生に見られる慢性的な無気力状態をこう報告しました。
男子に顕著に見られる青年期特有の症状で、特に病理的なものがなく、無気力・無関心・目的の喪失感を伴います。
因みに「アパシー」とは、普通なら感情が動かされることに反応を示さない状態を指します。

そう考えると、スチューデント・アパシーは五月病だけを指すのではなく、無気力な状態の学生を指すと捉えた方が良いでしょう。
受験戦争を勝ち抜いてからの虚脱感などから、学校へ行かない、単位が取れない、進路についての興味がないなどの症状が現れ、心身ともに疲れた状態からの自己防衛とも言えます。
ですから学業には無関心でも、趣味やアルバイトに熱心であるケースもあります。

同様に希望の会社に入ったものの、入社後に無気力感に悩まされる状態は「サラリーマン・アパシー」と言われます。

現代では、学生だけでなく社会人などこのような「アパシー」の状態に陥ることをまとめて「アパシー・シンドローム(無気力症候群)」とも呼んでいます。

親など周囲の人の声に答えようと真面目に努力してきた人に多いようです。

アパシー・シンドロームにならないためには、目先の成功や失敗にとらわれることなく、将来に向けて自分で目標を持ち、行動する自発的な力を養うことが大切です。
Category 五月病

健康第一の「スチューデント・アパシー」 のリンクについて

健康第一の「スチューデント・アパシー」 のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。