五月病と生活習慣病

五月病と生活習慣病のページを説明

新着記事一覧

五月病と生活習慣病

五月病は新しい環境の変化や人間関係のストレスなどによって起こりますが、多くは一時的なもので、環境に慣れたりストレスを上手に解消することによって、次第に症状はなくなってきます。

この時、ストレスを食べることで発散しようとすると過食になり肥満につながる可能性があります。
そうなると、その肥満が糖尿病や高血圧などの生活習慣病へとつながってしまいます。

ガン、脳卒中、心臓病は、三大生活習慣病と呼ばれる、その手前でなりやすい生活習慣病は、高血圧や糖尿病、高脂血症などです。

高血圧はストレスや肥満と大きな関係があると言われています。
高脂血症もまた、肥満と大きな関係があり、血液中のコレステロールや中性脂肪が増えた状態で、放っておくと動脈硬化を引き起こします。

放っておくと命にかかわる重大な病気である生活習慣病は、このように食生活の乱れやストレスが原因のひとつとなっているのです。

規則正しいバランスのとれた食生活や、生活リズムを保つことは、五月病を乗り切るためだけでなく、健康に毎日の生活を過ごしていく上でとても大切です。
そして、適度な運動もまた重要で、健康を保ちストレスも発散してくれます。

五月病にかかっても、生活習慣病へつなげないよう、上手にストレスと付き合いたいものですね。
Category 五月病

健康第一の五月病と生活習慣病のリンクについて

健康第一の五月病と生活習慣病のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。