五月病と適応障害

五月病と適応障害のページを説明

新着記事一覧

五月病と適応障害

春になって学生や新入社員が心身に不調が表れる症状を五月病と呼びますが、正式な病名は「適応障害」と言います。

環境に適応できずにやる気が出ず、食欲不振や睡眠障害などの症状がありますが、この適応障害は決して学生や新入社員だけに起こるのではありません。
新しい環境に適応できないという場面は、転職や退職、結婚や引越しなど様々な機会に訪れます。

適応障害には次のように症状があります。

1.不安気分を伴うもの・・・不安、心配、いらいら感など
2.抑うつ気分(気持ちが重く暗くなる)を伴うもの・・・希望を見出せない、涙もろい
 1と2の両方を伴う状態もあります。
3.行為の障害を伴うもの・・・社会規範や規則に適応できない
4.情緒的症状と行為の障害、両方を伴うもの
 1や2の症状と3の症状の両方を伴う状態
5.引きこもりを伴うもの・・・社会的引きこもり
6.身体的愁訴(しゅうそ)・・・疲労感、頭痛、不眠など身体的症状


適応障害は、普通よりもストレスの重い状態ですが、現代の社会の中では、事故や自然災害から学校、職場、近隣での人間関係など多くのストレス因子が存在しますので、誰でも起こる可能性があるといえます。
適応障害は適切な治療を行えば多くは3ヵ月以内で治りますので、五月病を不安がらず、自分自身を見つめる機会と捉え、心にゆとりを持って生活していくことが大切です。
Category 五月病

健康第一の五月病と適応障害のリンクについて

健康第一の五月病と適応障害のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。