季節病と言われる「五月病」

季節病と言われる「五月病」のページを説明

新着記事一覧

季節病と言われる「五月病」

「気象病」や「季節病」ということばをご存知でしょうか。

気象病は、気温の上昇や気圧の変化など、天候の変化が病状の変化に強く結びついている病気を指し、天気が崩れる前に症状が出やすい喘息や、低気圧で症状が現れる神経痛などがこれに当たります。

一方季節病は、ある一定の季節に症状が現れるものを指し、春の花粉症や五月病、夏の胃腸炎や赤痢、秋の夏バテや食中毒、冬のインフルエンザなどが季節病といわれています。

五月は一般におだやかでさわやかな季節だといえ、実際は気温の差が激しく、暑くなって夏日が続いたかと思うと寒の戻りがやってくる不安定な季節でもあります。
環境の変化やストレスばかりでなく、このような気候の変化も関係して心身に不調を感じている人もいるのではないでしょうか。

春先の花粉情報や、夏の紫外線予報など気象に関する情報が多く知らされる時代になりました。
2007年4月には、日本気象協会北海道支社が、フェーン現象などでの気温の急上昇により、車の運転や夫婦げんかの発生に対する注意喚起を行い、話題になりました。

これからの時代、健康的な日常生活を送るうえで、様々な気象情報を活用して、体調を整えて過ごしていく必要があります。
しかし、その一方冷暖房の完備による自律神経の機能障害、ストレスなどが多い現代では、季節病は必ずしもその季節だけのものとは言いきれなくなってきました。

五月病もしかりで、季節を問わずに症状が現れ、六月病や九月病という言葉も使われるようになっています。
Category 五月病

健康第一の季節病と言われる「五月病」のリンクについて

健康第一の季節病と言われる「五月病」のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。