ストレスと上手に付き合う

ストレスと上手に付き合うのページを説明

新着記事一覧

ストレスと上手に付き合う

五月病は新しい環境や人間関係、仕事などのストレスが原因と言われています。
ストレスを気にしすぎて、そのこと自体がさらに大きなストレスになってしまう場合がありますので、ストレスを知って上手にストレスと付き合う必要があります。

現代社会では、ストレスはつきものですが、とはいえストレスが全くない状態だと体温機能が低下し、暗示にかかりやすくなってしまいます。
バランスの取れた生活には、適度なストレスは必要です。

ストレスと上手につきあうためには、考え方を変えてみる、という方法があります。
くよくよ悩んでいたのに、後になってどうしてこんなことで悩んでいたんだろう、と思った経験はありませんか。
考える視点を変え、「〜しなければならない」という考えを、「〜になったらいい」と前向きに考えると気分が楽になります。
白黒つけなければ気が済まない几帳面なタイプの人は、0〜100%の中で、自分は何%できればいいのかを考えてみましょう。

また、ストレスに感じていることは、自分の人生の中でどれほど大きなことなのだろうかと考えると、実はそれほど大きな問題ではないかもしれません。
マイナス思考は余計なストレスを生みだします。
悩みや心配事といった悪いことが次から次へと頭の中に浮かんでくる場合には、それに対して自分は何ができるかを考えてみましょう。

五月病に負けず生き生きと過ごせるよう、前向きな思考を心がけましょう。
Category 五月病

健康第一のストレスと上手に付き合うのリンクについて

健康第一のストレスと上手に付き合うのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。