五月病の対策

五月病の対策のページを説明

新着記事一覧

五月病の対策

春になると新入生、新入社員の中で新しい環境や仕事に適応できず、いわゆる五月病の症状に悩む人が出てきます。
ストレスがたまり、やる気がでない、イライラするなどの症状が長引くとうつ病に進行する場合もあります。

五月病になったと感じたら、症状が軽いうちに以下のような対策をとりましょう。

1.休養をしっかりとる
疲れをためないことです。
無理をせず、睡眠は充分とりましょう。
いつも早く眠るよう心がけたり、栄養のある食事をして体を充分休ませ、疲れを残さないようにすることが大切です。

2.気分転換
悩みや心配を考えすぎると、さらにストレスを抱え込むようになります。
気持ちを切り替えるために、趣味や好きなことに打ち込んだり、好きな音楽を聴いたり、美味しいものを食べたりして気分転換をしましょう。
ただし、体調に配慮して日常生活に支障をきたさないようにしましょう。

3.悩みを抱え込まない
不安や心配事を一人でくよくよと悩まず、家族や友人に相談すると良いでしょう。
話を聞いてもらうだけでも心が軽くなり、気持ちが落ち着きます。

4.症状が軽くならない場合
なかなか症状が軽くならない場合は、更に重くなる前に病院に行って治療を受けることも必要です。
心療内科や神経内科で適切な治療を受けると回復も早く、深刻な症状に陥らずに済みます。

お医者さんやカウンセラーさんに自分の症状を克明に話すだけでも、気分が安らぎます。
精神を安定させる良い薬もありますので、症状が回復しない場合は躊躇せずに病院に行くことをお勧めします。

五月病になったと感じたら、それはあなたが新しい環境で頑張っている証拠ですので、少し気を抜いて頑張り過ぎないことも時には必要なことです。
Category 五月病

健康第一の五月病の対策のリンクについて

健康第一の五月病の対策のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。