五月病の症状

五月病の症状のページを説明

新着記事一覧

五月病の症状

五月病は元々、新入生が新しい学校に馴染めず、ゴールデンウィーク明けから気持ちが落ち込む症状を指していました。

しかし、現在では学生だけでなく新しい職場に馴染めない新入社員などにも見られ、仕事が本格的になる6月にも症状が起こりやすいと言われています。
新しい環境に胸躍らせていたり、緊張を強いられていた気持ちが緩み、ストレスとなって体や心に変調をきたします。

五月病は以下のような症状が起こります。

■精神的な症状
・憂鬱になる。
・焦りや不安を感じる。
・やる気が出ない。
・イライラする。
・何をするにも億劫に感じる。
・学校や職場に行きたくなくなる。
・周りの出来事に関心がなくなる。

■身体的な症状
・朝起きられない、夜寝付けないなどの睡眠障害。
・免疫力の低下により病気にかかりやすくなる。
・食欲不振、頭痛、めまい、動悸などの症状が挙げられます。

このような五月病の症状には個人差があり、一般的に几帳面な人や真面目な人がかかりやすいようです。

新しい環境や仕事に慣れるに従って徐々に症状が軽減していきますが、症状が長引きうつ病になってしまう場合もあります。
そのためにも、疲れを感じたらしっかりと体を休める、ゆったりとした時間を過ごす、ストレスを発散するためにスポーツをする、など気分転換を図る必要があります。
また気持ちや体調が元に戻らない場合には、病院で適切な治療を受ける必要があります。

環境の変化によって、これまでの生活リズムが崩れて体調不良になる場合もあります。
規則正しい食生活と、栄養バランスを考えて野菜や果物をしっかり摂ることも必要です。
Category 五月病

健康第一の五月病の症状のリンクについて

健康第一の五月病の症状のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。