冷え性改善のための足湯の方法

冷え性改善のための足湯の方法 のページを説明

新着記事一覧

冷え性改善のための足湯の方法

冷え性改善には入浴が一番ですが、いつでもどこでも手軽にできる「足湯」でも効果が得られます。

お湯で足を温めるためには、まず足湯に必要な道具を揃えましょう。
シス、バケツ、タオル、敷物、お湯をつぎ足すためのポットややかんも必要です。
その他に湯温計があると便利です。
好きな人は入浴剤を使っても良いでしょう。

道具をそろえたら、バケツに40度前後のお湯を入れます。
お湯の深さはふくらはぎの真ん中くらいまでの20cm程度が良いでしょう。
そのまま最低でも10分〜20分程度、足をつけておきます。
足湯中は、お湯が冷めてしまうと効果がありませんので、常に40度前後を保つよう足し湯をします。
お湯の中で足の指や足首を動かすと、さらに血液の循環が良くなります。

足湯の後は、しっかりと水分を拭き取り、すぐに靴下を履いて保温しましょう。
寝る前に足湯を行い、そのまま布団に入るのも良いですね。

お湯の後片付けや、お湯の温度を調節するのは面倒という人には足湯を手軽にできる「足湯機」というものがあります。
足湯機にも色々あり、お湯の温度を調節してくれる他にマッサージ機能がついたものもあり、大変便利です。
機械にまかせておけば良いので、よりリラックスできるかもしれません。
Category 冷え性

健康第一の冷え性改善のための足湯の方法 のリンクについて

健康第一の冷え性改善のための足湯の方法 のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。