電気毛布について

電気毛布についてのページを説明

新着記事一覧

電気毛布について

冷え性の人にとって、寒い冬は辛い季節といえます。
就寝前に冷たい布団ではなかなか寝付くことができない冷え性の人の中には、電気毛布を使っている人が多いのではないでしょうか。

しかし、電気毛布は間違った使い方をすると、私達の健康を損なってしまう場合があります。
電気毛布を使うと、朝起きると熟睡した感じがしなかったり、体がだるかったりといったことはないでしょうか。

私達は、寝ている間は体温を下げてエネルギー代謝を抑制し、脳や心臓など、体全体を休ませています。
しかし電気毛布を使ったままで寝ていると、寝ている間でもうまく体温が下がらなくなってしまう場合があり、そうなると本来休んでいるはずの体が十分に休めなくなってしまうのです。

さらにこのような状態が続くと、電気毛布を使っていない時でも、体温がうまく下がらなくなってしまいます。
温かくなりすぎている布団の中で、必要以上に汗をかいてしまうのは皮膚にとっても良くありません。

もし、電気毛布を手放せないという人は、布団に入る前まで電気毛布をつけておいて、寝る時にはスイッチを切っておきましょう。
このとき電気毛布の設定温度はあまり高くしないようにしましょう。

できれば「湯たんぽ」を使ってみてはどうでしょうか。
最近、ちょっとしたブームになっていますが、足元に置いておけば、十分に温かくして眠ることができ、自然に温度が下がっていくので安心です。
高齢の方や妊婦さん、赤ちゃんがいるご家庭では、是非湯たんぽで寒さをしのいでみてはいかがでしょうか。
Category 冷え性

健康第一の電気毛布についてのリンクについて

健康第一の電気毛布についてのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。