冷え性と食べ物

冷え性と食べ物のページを説明

新着記事一覧

冷え性と食べ物

冷え性と食べ物には、大きなつながりがあります。

冷え性で悩んでいる人は、食生活を見直して冷え性改善に努めませんか。
食べ物は、体を温める機能がある「陽性」の食べ物と、体を冷やす「陰性」、どちらにも属さない「中性」の食べ物とに分けられます。

冷え性改善には、陽性の食べ物だけを食べれば良いというのではなく、陽性の食べ物を中心に、陰性、中性の食べ物も少しずつ取り入れたバランスの良い食事をとることが一番です。

では、陽性の食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。
体を温める、陽性の食べ物は寒い土地でできる野菜が多いです。
代表的なものは、しょうがやねぎ、にんにくやごぼうなどです。
旬の野菜は、栄養分も豊富なので積極的に食べるようにしましょう。

体を冷やす陰性の食べ物は、陽性の食べ物とは逆に、暑い土地でとれる野菜が多く、代表的なものにトマトやきゅうりなどがあります。
同じ野菜でも、生で食べるよりも加熱して温野菜やスープ、味噌汁として食べる方が冷え性改善につながります。

この他にも、現代人が好んで食べる、砂糖や合成甘味料、スナック菓子、チョコレートなども陰性の食べ物です。
血液もドロドロにして循環を悪くさせるので、食べすぎには注意しましょう。

それでも甘いものを食べたい場合、さつまいものおやつはいかかでしょうか。
さつまいもは血行を良くして、体を温かくしてくれる食べ物です。
冷え性対策には最適の食べ物なので、焼き芋やスイートポテトなどにして美味しくいただきましょう。
Category 冷え性

健康第一の冷え性と食べ物のリンクについて

健康第一の冷え性と食べ物のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。