冷え性と眠り

冷え性と眠りのページを説明

新着記事一覧

冷え性と眠り

冷え性と眠りは、非常に関係しています。

人の体温は1日のうちで朝起きる直前が最も低く、起きてから次第に上昇し、夜になるとまた下がってきて眠くなります。

ところで、夜になるとまた体温が下がるのでしょうか。
それは人は、体温を下げることで基礎代謝を抑制して脳を休ませようとするからです。

しかし冷え性の人は、体温をうまく下げることができません。
体温を下げる時は、血管を拡張させて血液を皮膚の表面に集めて放熱している状態です。
それが、冷え性で血液の循環が悪くなっている人は、皮膚からの放熱がうまくできないのです。

そうなると、夜になっても体温が下がりにくい冷え性の人は、なかなか眠りにつけないということになってしまいます。
また、冷え性の人は、寒さや冷えを感じやすいので、寒くてなかなか眠れない、という人もいますよね。

ですからぐっすり眠るためには、冷え性を改善する必要があります。
食事や運動で冷え性は改善することはできますが、しっかり改善するには少し時間がかかります。

冷え性である人が心地よい睡眠をとるにはどうしたら良いかというと、まず寝室の環境を整えておくことが大切です。
快適に眠ることができる室温は、18℃〜23℃程度です。
寒いからといって、高い温度に設定しておくと、眠る前の体温の低下が阻害されてしまう場合があるので、就寝前には暖房器具を消しておくことをおすすめします。

また、寝具選びにも気をつけてみましょう。
保温性、通気性に優れた寝具を選びましょう。
掛け布団として優れているのは、やはり軽くて布団の上げ下ろしも楽な上に、体に密着しやすい羽毛布団です。
敷き布団としては、クッション性のある羊毛布団がおすすめです。
毎日使う布団なので、質の良いものを選びたいものですね。
Category 冷え性

健康第一の冷え性と眠りのリンクについて

健康第一の冷え性と眠りのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。