かくれ冷え性

かくれ冷え性 のページを説明

新着記事一覧

かくれ冷え性

冷え性にも色々なタイプがありますが、自分では冷え性だと自覚していない「かくれ冷え性」というのがあるのをご存知でしょうか。

「私は冷え性ではない」と思っている人も、実は冷え性である場合があるのです。
かくれ冷え性は、手や足は温かいのですが、内臓の温度は低い状態になっています。
しかし、冷え性だという自覚がないため、改善するのが遅れ、冷え性が悪化してしまう恐れがあります。

以下の項目をチェックしてみてください。

・寝つきが悪く、朝起きるのもつらい
・顔色が悪い
・手足がむくみやすい
・肩こりがひどい
・シミ、そばかす、くすみなど肌トラブルが多い
・胃腸が弱い

1つでも当てはまるものがあったら要注意です。

また朝起きた時に、お腹や太ももを触ってみましょう。
脇よりも冷たく感じたら、立派な冷え性であると言えます。

体の中で、太ももとお腹は、熱の生産量が多い場所なのです。
通常ならば温かいはずが冷たく感じたならば、血液の循環が悪くなっている証拠ですので、冷え性と言えるのです。

他にも、平熱が36度以下であったり、顔がほてりやすかったりすると冷え性である場合が多いです。
平熱が低いのは、基礎代謝が低い状態で血液の流れが悪いということであり、顔がほてるのは、体の中にあるべき熱が顔に逃げている状態ですので、冷え性ということになります。

冷え性は、病気ではないので、毎日の生活を改善すれば解消することができますが、症状を軽くみて放置しておくと、様々な病気を引き起こすことがあります。
そういったことからも自分の体の状態をしっかり把握して、冷え性改善に努めるようにしましょう。
Category 冷え性

健康第一のかくれ冷え性 のリンクについて

健康第一のかくれ冷え性 のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。