関節リウマチと白血球除去療法

関節リウマチと白血球除去療法のページを説明

新着記事一覧

関節リウマチと白血球除去療法

関節リウマチは、全身の関節に炎症が起き、関節の骨が破壊され、やがて変形し、日常生活に支障をきたします。
患った人にしかわからない、つらい痛みに苦しめられるこの病気にも、画期的な薬が開発されています。

とはいえ、それらの薬も使用しているうちに効果が減弱してきたり、副作用の影響で薬が使えなかったりする人も出てきます。
その場合に有効であると考えられている治療法に、白血球除去療法があります。

白血球は本来異物を排除する働きを持っていますが、何らかの理由で自分の関節の滑膜を攻撃し炎症を起こしてしまうのが関節リウマチです。
白血球除去療法とは、この病気の進行に影響を及ぼす白血球を取り除き、病状を改善させる治療法です。
これは透析のように血液を一方の腕の静脈からいったん体外に取り出し、フイルターで白血球を取り除いた後に、もう一方の腕の静脈に戻す治療方法です。

この白血球除去療法により、それまで生物学的製剤が使えなかった人でも、入れ替わった血液のおかげで生物学的製剤が使えるようになることもあります。

しかし白血球は常にからだの中で作られているため、目立った副作用がないという利点がある反面、効果の持続時間が短く、3ヶ月ほどの効果だとも言われています。

白血球除去療法は、確かに一時的には有効と考えられています。
しかし効果の持続性が認められない、1回の治療費で約15万円で高額などの理由から、この治療法が一般に普及すると考えるのは難しいかもしれません。
Category リウマチ

健康第一の関節リウマチと白血球除去療法のリンクについて

健康第一の関節リウマチと白血球除去療法のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。