関節リウマチと運動療法

関節リウマチと運動療法のページを説明

新着記事一覧

関節リウマチと運動療法

人間の体は、動かさないところから衰えてきます。
特に関節や筋肉、骨は、動かすことによってそれぞれの機能や新陳代謝が正常に維持され、強化されます。

関節リウマチの患者さんは、体を動かさずにいると、関節の働きがますます低下し体を動かすために必要な筋肉も減っていき骨がもろくなってきます。
痛いからと動かさないままでいると、やがて手足の関節や筋肉が固まり動けなくなってしまいます。
それを防ぐためには、関節の機能や筋力を維持する運動が大切になってきます。

運動療法は、関節を大きく動かし、痛みを感じるくらい力を入れることがポイントです。
これは関節の動く範囲を狭めないためです。

筋力の強化のため、曲げ伸ばしの最後の動作で3〜5秒間しっかり力を入れます。
この時、反動をつけずにゆっくりと行ないます。

運動と運動の間には深呼吸をし、リラックスしてから次の運動に入りましょう。
自分の病状に合わせて行なうことを忘れず、翌日に疲れを残さないことが大切です。

最初は関節の痛みのために、ひとりでは十分に動かすことが困難かもしれません。
その場合、理学療法士などの専門家に関節を痛めずに動かせる方法を指導してもらうと良いでしょう。

手指、足、肩、膝など、全身の関節を動かすように組みたてられたリウマチ体操を、家事や仕事の合間に行なう習慣を身につけるようにしましょう。

一度にすべての体操ができなくても構いませんから、毎日手指の運動や膝・足の運動の機会を見つけて生活に取り入れていくようにしましょう。
Category リウマチ

健康第一の関節リウマチと運動療法のリンクについて

健康第一の関節リウマチと運動療法のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。