膠原病

膠原病のページを説明

新着記事一覧

膠原病

人の体は何億という小さな細胞から出来ています。
この細胞がばらばらにならないようにつなげる役割をしているのが「膠(にかわ)」つまりコラーゲンというたんぱく質の一種です。

この膠は皮膚や筋肉、骨、軟骨、靭帯など、ほぼ全身に存在します。
そして全身の皮膚や筋肉、関節、血管などが侵される病気を、総称して「膠原病」(膠に原因がある病)と呼んでいます。

膠原病(こうげんびょう)には慢性関節リウマチ、リウマチ熱、多発性筋炎・皮膚筋炎、全身性エリテマトーデス、混合性結合織病、強皮症、多発動脈炎、シェーグレン症候群などがあります。

膠原病に共通して見られる症状は、原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みです。
これらの症状が見られたときは、脱毛や口内炎、眼や口の中の渇き、爪の変形、手指のしびれ、冷たい水につけると手足の先が白く変化し、しびれが見られるかといった、まず膠原病に特徴的な徴候があるかどうか全身の診察をします。

全身の診察で膠原病が疑われると、レントゲン検査、血液検査、尿検査などを行ない、確定診断を行ないます。

関節リウマチに対する抗リウマチ薬や免疫抑制剤のように、膠原病の種類によって特徴的な治療法もありますが、全般的に副腎皮質ステロイドホルモンによるステロイド治療を行ないます。

それぞれの種類の膠原病に劇的に効果の見られる薬もありますが、副作用もあるため使用法が難しく、そのため専門医の指導が必要です。
Category リウマチ

健康第一の膠原病のリンクについて

健康第一の膠原病のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。