若年性関節リウマチの症状

若年性関節リウマチの症状のページを説明

新着記事一覧

若年性関節リウマチの症状

お子さんが骨が痛い、と言うと、小児リウマチを心配されるお母さんがいらっしゃいます。
その痛みがわかってあげられないだけに、子どもの病気や怪我は親にとって大きな心配ごとです。

まず痛がっている部分ですが、膝が夜間に痛む場合は「成長痛」であることが多いです。
成長痛とは、骨がまだ成長の途中でしっかりと固まっておらず、飛び跳ねたりすることで膝が刺激を受け、痛みが生じる状態です。

「小児リウマチ」である場合は、いつも痛みが生じており、痛む部分は膝に限定されず、手や足など全身の関節に複数出る場合が多いのです。
小児リウマチ疾患のうち、もっとも多いのが「若年性関節リウマチ」です。
16歳までの子どもがかかる関節リウマチを「若年性関節リウマチ」と呼び、大人の関節リウマチと区別されています。
その症状と経過から「全身型」「多関節炎型」「少関節炎型」の3つに分類されています。

大人の関節リウマチに比べ、若年性関節リウマチは、朝のこわばりが著しいのです。
まだ言葉でうまく症状が伝えられない幼児ですと、目覚めが不機嫌で床から起きようとしないこともあります。
首や手、足のこわばりが原因ですが、これは昼ごろになるととれてきます。

また「全身型」でよく見られる特徴として高温と発熱があります。
38度以上の高熱が出ることが多く、上がり下がりを繰り返します。
発熱に伴い、胸、手、大腿部、背中、顔などに発疹が現れたりします。
Category リウマチ

健康第一の若年性関節リウマチの症状のリンクについて

健康第一の若年性関節リウマチの症状のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。