若年性関節リウマチ

若年性関節リウマチのページを説明

新着記事一覧

若年性関節リウマチ

若年性関節リウマチはさまざまな症状を示すため、大人の関節リウマチとは区別されています。
患者が小児である場合、以下の点について大人の関節リウマチとは異なります。

・若年性関節リウマチは全身性の炎症のため、いろいろな成長障害が起こります。
 リウマチの活動性が続いている期間が長いほど、標準と比べて身長が低くなってしまいます。
 特にステロイドには身長の伸びを抑える作用があるため、ステロイドを使用すると低身長の傾向が著しくなります。
 また関節運動が行ないづらく、骨の成長に障害を及ぼすことがあります。 
 このように小児は成長の過程にあるため、慢性の病気が起こると成長が障害されてしまいます。

・小児に使用できる薬が限られているため、リウマチの活動性を抑えるのが困難になります。

・小児期では痛みを伴うリハビリテーションなどには協力してもらえず、運動療法が難しくなります。
 遊びの中に組み込んで、楽しくできる工夫が必要になります。

このほか、学校生活との両立や、進学・就職といった問題にも向き合っていかなくてはならず、長い目で見た治療プログラムに沿っての生活が必要になってきます。

病気があっても、自分なりに納得して人生を前向きに生きられるよう、周囲がサポートしていくことが大切です。

同じ病気の子どもを持つ親の方々の会に「あすなろ会」がありますが、こういった会に参加して情報交換するのも子どもを支える上での励みになると思います。
Category リウマチ

健康第一の若年性関節リウマチのリンクについて

健康第一の若年性関節リウマチのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。