関節リウマチにおける運動の必要性

関節リウマチにおける運動の必要性のページを説明

新着記事一覧

関節リウマチにおける運動の必要性

以前は、関節リウマチにかかるとまず安静にすべきであると考えられていましたが、今日では、関節の可動域をできるだけ保ち、筋力の低下を防ぐための運動療法が有効であると認められています。

痛いからと言って体を動かさないでいると、関節が動かしにくくなり、全身の筋肉が衰え、ついには寝たきりになってしまうおそれもあります。

そのため関節の運動では、痛くない範囲だけで行なっていると、結局は関節の可動域を狭めることになりますので、少し痛みを感じるところまで我慢して曲げ伸ばしすることが必要です。

毎日、朝夕の2回くらいは腕や足の関節を動かしてください。
翌日まで疲れが残るような運動は、やり過ぎです。
運動後、1時間ほど安静にしていると痛みが軽くなるという程度が適当です。

骨は運動による負荷をかけないと、カルシウム分が抜けてもろくなる性質を持っています。
関節も動かさずにいると、関節液から軟骨への栄養が行き渡らず、骨の破壊を進めてしまうことになります。

しかし、あまり負荷をかけられない痛みの強い関節リウマチ患者さんの場合には、温水プールなどを利用した運動方法もあります。
水中では浮力が働くため体重が軽くなり、陸上に比べて関節への負荷が軽くなります。
陸上では動かせなかった部分も水中では動かせるようになり、血液の流れもよくなります。
水中運動で関節の周りの筋力も少しずつ強化されていきます。

しかし、患者さんの病状によっては必ずしも水中運動がよい場合ばかりではありませんので、行なう前にお医者さんと相談することが必要です。
Category リウマチ

健康第一の関節リウマチにおける運動の必要性のリンクについて

健康第一の関節リウマチにおける運動の必要性のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。