関節リウマチの診断基準

関節リウマチの診断基準のページを説明

新着記事一覧

関節リウマチの診断基準

関節の痛みを伴う病気は、関節リウマチに限らず、多種多様に存在します。
そのため、アメリカリウマチ学会では、関節リウマチを診断するための以下のような基準が設けられています。

・手のエックス線検査で異常がみられる
・リウマトイド因子が陽性である
・起床時に関節のこわばりがある
・3箇所以上の関節に腫れがある
・手首や手指の関節が腫れている
・関節の腫れが左右対称にみられる
・皮下にしこりがある

以上のうち、症状に照らして4項目以上当てはまると関節リウマチと診断されます。

「リウマトイド因子が陽性」というのは、つまり血液検査によるリウマチ反応が陽性だったということになります。
リウマチ反応が出ると、不安になりますが、健康な人や、関節リウマチ以外の病気を持った人に陽性反応が出ることもあります。

逆に、関節リウマチ患者でも10パーセント程の人は陽性にならないこともあります。
リウマチ反応が陽性でも、即「リウマチである」というわけではありません。

診断の際に大事なのは、現れている症状です。
朝起きた時に手を広げようとしたらこわばった、肘の外側や後頭部、膝の前部などの皮膚の下に痛みのない小さなしこりがある、などの具体的な症状です。

上記7項目のうち、血液検査やエックス線検査結果以外の症状は、家庭での自己チェックもできますので、思い当たる症状があれば受診の際にお医者さんに伝えてください。
Category リウマチ

健康第一の関節リウマチの診断基準のリンクについて

健康第一の関節リウマチの診断基準のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。