関節リウマチ(妊娠・出産)

関節リウマチ(妊娠・出産)のページを説明

新着記事一覧

関節リウマチ(妊娠・出産)

関節リウマチの患者さんは女性の、特に30〜50代に多いこともあり、妊娠・出産への影響に悩む人も多いようです。

この病気を発症し、治療を受けている患者さんでも、お医者さんの指示を守れば妊娠・出産に問題はないと思われます。

一般的な妊娠の条件として、病状が安定していること、腎臓や心臓など内臓に重大な病変がないこと、副作用の考えられる薬を中止することが挙げられます。

妊娠を希望する場合には、胎児への影響(奇形など)を避けるために、原則としてリウマトレックス、イムラン等の抗リウマチ剤は使用できません。

一方、プレドニン、プレドニゾロン等のステロイド剤は胎盤で分解されるため、抗リウマチ剤や非ステロイドの抗炎症剤に比べて、胎児に影響がないとされています。

そのため、ステロイド剤に切り替えての治療が一般的です。
薬によってはかなり早期から中止しなければならないものもあるので、いつ薬を変更しなければいけないのか、などのタイミングについては早めにお医者さんに相談する必要があります。

妊娠中には免疫の働きが抑制されるため、関節リウマチの症状が軽くなることがあります。
しかし産後に悪化する場合が多く、赤ちゃんのお世話に影響する可能性もあるので、家族をはじめ周囲の協力、ヘルパーの利用が必要になってきます。

また、授乳期間中の服薬についても、母乳を通じて赤ちゃんに影響が出ることもあるので、出産後の治療方針をお医者さんとよく相談してください。
Category リウマチ

健康第一の関節リウマチ(妊娠・出産)のリンクについて

健康第一の関節リウマチ(妊娠・出産)のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。