非ステロイド抗炎症薬について

非ステロイド抗炎症薬についてのページを説明

新着記事一覧

非ステロイド抗炎症薬について

非ステロイド抗炎症薬は、関節リウマチの治療によく使われる薬です。
この薬には炎症を抑えるとともに解熱や鎮痛の作用があり、他の関節痛や筋肉痛など、痛みを伴う病気の治療に広く使われます。

ほとんどの場合、薬を服用してから1〜2時間後という早さで効果があらわれ、炎症を抑える効果も同時にみられます。

そのため、初期や軽度の関節リウマチ患者には、非ステロイド抗炎症薬だけを使って痛みが抑えられ、炎症が治まる場合もあります。
しかしそのとき起こっている炎症を抑えるには効果があっても、炎症の進行や広がりを阻止したり、関節の破壊を止める作用はありません。

あくまでも、炎症による痛みを抑えるための薬なのです。
そのため実際の治療では、非ステロイド抗炎症薬に抗リウマチ薬を併用して使うことが多くなっています。

非ステロイド抗炎症薬は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、腎臓機能障害など、重い副作用を起こす頻度が高いことがわかっています。

そのため、副作用をできるだけ少なくするために、非ステロイド抗炎症薬は、2剤の併用や1剤だけの長期使用は良くないとされています。
また、無症状のまま経過する副作用もあるため、定期的な血液検査や尿・便の検査を受けることが大切です。

非ステロイド抗炎症薬には、内服薬の他に塗り薬、貼り薬、座薬といった外用薬もあります。
これらの外用薬は、副作用の心配も少なく、患者さんが痛みの程度に応じて自分で使えるため大変便利です。
Category リウマチ

健康第一の非ステロイド抗炎症薬についてのリンクについて

健康第一の非ステロイド抗炎症薬についてのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。