関節リウマチの自覚症状

関節リウマチの自覚症状のページを説明

新着記事一覧

関節リウマチの自覚症状

自覚症状とは、患者さん自身が体験し認めている症状のことで、診断する際の大切な要素となります。
関節リウマチの患者さんは、どんな症状を体験し、異変を感じているのでしょうか。

まず手の指では、第二関節(指先から2番目の関節)と第三関節(指先から3番目の関節)から腫れてくるのがこの病気の特徴です。
このため、指輪が抜けなくなった、または入らなくなった、という訴えがよく聞かれます。
また物を握る、絞るという動作がしづらくなったり、物を落としやすくもなるようです。

足では、左右の足の裏と、指の付け根の関節に症状が出やすいようです。
朝の起床時に立ち上がると、でこぼこ道を歩くような違和感を足の裏に感じたり、指の付け根の関節が腫れて今まで履いていた靴が履けなくなることがあります。

また、正座ができなくなったり、長時間座っていると足がこわばってすぐに立てないということもあるようです。
日本人では膝から病気が始まる割合が多いとも言われています。

また、関節の症状が出る以前に、いらいらする、顔色が悪い、微熱が続く、食欲が出ない、からだがだるい、体重が減った、などの全身にわたる漠然とした自覚症状が見られたりします。

ほとんどの患者さんにこのような前ぶれの症状はあるようですが、後から思い当たると、という程度の軽いものが多いようです。

そして、このような前ぶれの症状が続くうちに、気付けば関節のこわばりを感じるようになり、徐々に関節リウマチがその姿をあらわしてくるのです。
Category リウマチ

健康第一の関節リウマチの自覚症状のリンクについて

健康第一の関節リウマチの自覚症状のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。