年齢と口臭予防

年齢と口臭予防のページを説明

新着記事一覧

年齢と口臭予防

誰でも年をとると、自然に体臭が強くなってきます。
特に寝たきりになってしまい、誰かの手を借りなくてはスムーズに生活が送れない人にとって、自分の体臭が周囲に迷惑をかけていないかとても気になり、時には深く傷ついていることもあります。

介護する側にとってもそれは同じで、においをどう処理するかというのは毎日の介護生活の中でずっとついてまわる問題であり、悩みの種となっていると思います。

自分でうまく体が動かせないお年寄り本人にかわって、介護する人が上手にケアしてあげることで、実は不快なにおいは軽減できます。

そのひとつに「口臭」があります。
年をとると唾液の分泌量が減ってくるため、食べ物のカスが流れにくくなったり舌苔(ぜったい)もたくさんつくようになります。
また、入れ歯もきちんと手入れをしないと、においのもとになります。

歯磨きがうまくできない寝たきりの場合でも、食後は口の中の食べカスを取り除く必要があるのです。
そのときは、介護者の指にガーゼを巻きつけたもので、口の中を拭うとよいでしょう。
口の中が出血している場合には、血液感染を避けるためにも素手で口
の中を拭くの避けましょう。

舌苔の除去には専用のブラシなどが市販されていまが、スプーンのふちでそっと拭ったり、食べカスをふき取る際にガーゼでやさしく一緒に拭っても効果があります。

また、たくさんおしゃべりをしたり歌を歌って口を動かすことで唾液の分泌も促されます。
口がにおうからといつも口を閉じていては、口臭予防には逆効果となってしまうということを覚えておきましょう。
Category 体臭

健康第一の年齢と口臭予防のリンクについて

健康第一の年齢と口臭予防のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。