体臭と食べ物の関係

体臭と食べ物の関係のページを説明

新着記事一覧

体臭と食べ物の関係

体臭に悩んでいる人なら、きっと食生活が原因ではないかと考えたことがあるでしょう。
実際に、食事の内容と体臭は強く関係しているのです。

体臭を引き起こすのは、アポクリン汗腺から分泌される脂肪や、皮脂腺から分泌される脂肪酸が原因となっていることが多いのですが、中でも皮脂腺からの分泌物がにおいの原因となっている場合は、食事内容を改善することにより体臭が軽減される場合も多いようです。

臭いのもとになる物質は動物性脂肪や動物性タンパク質などの代謝物です。
大腸まで送られたタンパク質は細菌によって腐敗し、さまざまなにおい物質を作り出します。

悪玉菌であるウェルシュ菌や大腸菌によって分解されると、アンモニア、アミン等が作り出され、体臭やいろいろな疾患の原因となります。

食事をする際には、においの素となる肉類(動物性タンパク質や脂肪)を控え、腸内の善玉菌を増やすことが大切です。

また食物繊維を多く摂取して、においの素となる物質を排出することも大切なことです。
食物繊維は、便を作る最大要素であり、におい物質を自ら積極的に取り込み体外に排出してくれます。
さらに、食物繊維は腸内でビフィズス菌などの善玉菌の餌になるため、結果としてタンパク質の腐敗を予防し、大腸内でにおい物質が作られるのを抑制する効果があるのです。

また、善玉菌を育てるのはオリゴ糖だと言われますが、ゴボウや玉ねぎ、アスパラ、大豆などにもたくさん含まれています。
食物繊維と合わせてとれる食品ですね。

このように、体臭を発生させないようにするには、肉類を減らしたり、善玉菌を増やす食品を摂るなどの食生活の改善が大切だということがいえるでしょう。
Category 体臭

健康第一の体臭と食べ物の関係のリンクについて

健康第一の体臭と食べ物の関係のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。