風邪と関節痛

風邪と関節痛のページを説明

新着記事一覧

風邪と関節痛

関節痛は、骨の老化で発病するだけではなく風邪を引いた時にもなります。
身体がだるくて、だんだん節々が痛くなり、気づいたら熱っぽくて風邪をひいていた、なんて経験が誰でもあるのではないでしょうか。

風邪は、鼻水が出る、咳が出る、高熱が出るなど、症状が色々です。
これは、原因となるウイルスが違うためです。
倦怠感があって、関節痛や腰痛の症状が表れ始めたら、風邪のひき始めです。
すぐに安静にして、熱が出ないように気をつけましょう。

風邪の中でも普通の風邪とは違うのが、インフルエンザです。
インフルエンザは、普通の風邪と違って感染後、しばらくの潜伏期間を経て、高熱とともに発病します。
そして次第に、悪寒・倦怠感、鼻水・のどの痛み、身体の節々が痛くなるといった関節痛の症状が現れます。
インフルエンザの関節痛は普通の風邪のときよりも痛みが大きいようです。

関節痛と言えば、お年寄りや大人がなるものと思いがちですが、風邪の場合の関節痛は大人だけではなく子供にも発病します。
子供が「身体のあちこちが痛い」と言い、さらに風邪をひいているのであれば、その関節痛は自然に治るものと思ってよいでしょう。

しかし、まれに痛みが長引く場合があります。
痛みは誰でも早く取り除いてほしいものですよね。
飲み薬が苦手な小さい子供ならば、鎮痛剤の座薬を使うとよいでしょう。
ただし、大人用を使用したりむやみに与えることはせず、医師の指示に従いましょう。
Category 関節痛

健康第一の風邪と関節痛のリンクについて

健康第一の風邪と関節痛のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。