関節痛の種類

関節痛の種類のページを説明

新着記事一覧

関節痛の種類

関節痛と呼ばれる病気にはいろいろな病気があります。

関節が痛くなると、骨が弱くなってきたのではないか、とか、リウマチだったらどうしよう、と心配されるでしょう。

しかし、小さい子供に「関節が痛い」と言われたところで、骨がもろくなっているとは思えませんから、誰でも他に原因がないかを探すのではないでしょうか。
では、関節痛には骨の老化が原因の病気のほかにどのようなものがあるでしょうか。

まず、子供の関節痛を見てみましょう。
子供の関節痛には、風邪、おたふくかぜ、はしか、風疹、インフルエンザなどが原因となるものがあります。
しかし、この場合の関節痛は心配はいりません。
たとえ、これらの病気で関節痛になっても、関節が損傷することはありません。
熱が下がれば自然に治まりますが、心配なら鎮痛剤を処方してもらうと良いでしょう。
あまり痛がるようなら、湿布を貼ったり、軽くマッサージをしてあげて下さい。

そのほか、スポーツをやっている時、高いヒールの靴を履いている時など、足をくじいたことはありませんか。
これを捻挫(ねんざ)と言います。
捻挫も関節痛の一つです。
捻挫になったら、すぐに患部を冷湿布で冷やし、固定します。
もしかしたら、骨折している可能性もあるので、病院でレントゲンを撮ってもらうとよいでしょう。

また、軽い捻挫だからと放置しておくと、将来 深刻な関節痛になることも考えられます。
たいしたこと無いと自分で決め付けずに、適切な処置を受けましょう。
Category 関節痛

健康第一の関節痛の種類のリンクについて

健康第一の関節痛の種類のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。