腰痛

腰痛のページを説明

新着記事一覧

腰痛

いまや腰痛は、風邪の次に多い、関節痛の病気だということを知っていますか。

私達人間は、2本の足で全ての体重をささえなくてはなりません。
そして、2本足で立つには、足のすぐ上にある骨盤、さらにはその上の腰椎、これが重要なポイントとなるわけです。

日頃から、スポーツをしている人や重い荷物を持つ人に腰痛が多いのは、腰椎に負担がかかる割合が大きいからというのは分かりますね。

しかし、このような経験がないのに腰痛になる人もいます。
実は、腰痛になる人の多くは会社員やOLのようにデスクワークを中心とした人、長時間 車を運転する運転手の方たちなのです。

意外に思うかもしれませんが、長時間いすに座って同じ姿勢をつづけることのほうが、腰にかかる負担は大きいのです。
俗に言う「職業病」というものです。

もちろん、これらの仕事に就いているからといって、皆がなるわけではありません。
腰痛の原因となるものには「姿勢」が考えられます。
街を歩くと、色々な姿勢のタイプを見つけることができます。
猫背の人、お腹を突き出して歩く人、いすに座ると必ず足を組む人、片方の手にしか荷物を持たない人など。

どうでしょうか。
思い当たる節はないでしょうか。
「くせ」というのは、無意識に出てしまいます。
慣れた姿勢が一番、楽かもしれません。
しかし、その「くせ」によって、腰痛をひきおこしているのです。

また、腰痛だけではなく、膝や首などあらゆる関節痛になる原因となってしまいます。
関節痛にならないためにも、正しい姿勢を身につけるようにしましょう。
Category 関節痛

健康第一の腰痛のリンクについて

健康第一の腰痛のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。