慢性関節リウマチ

慢性関節リウマチのページを説明

新着記事一覧

慢性関節リウマチ

慢性関節リウマチは、手や足の指の関節から始まる関節痛の病気です。

突発的なものはなく、多くはじわじわと始まるのが特徴です。
初めは身体がだるい、食欲がない、疲れやすい、手足がしびれて力が入らないなどの症状が現れます。
手足の痛みは特に朝がひどく、こわばっている状態が続きます。

リウマチは、痛みが身体のあちらこちらに流れ動く病気といわれている通り、初めは手足の指だけでも必ずといっていいほど、他の関節もおかされてきます。

そのうち、全身の関節痛や腫れの症状もあらわれます。
よって、関節リウマチは単に1箇所の関節痛ではなく、全身の病気と考えたほうが良いとされています。

慢性的になると、熱が出たり、貧血になったりすることもあります。
これは、慢性関節リウマチが合併症を伴いやすい病気だからです。
関節痛の炎症が長期にわたって続くと、次第に指の関節が破壊されてくるため、指が短くなったり、関節が変形したりします。

しかし、この病気はみなが同じ症状になるわけではありませんから、自分のリウマチがどのタイプかを知って、上手につきあわなくてはなりません。

普段から身体を冷やさないように気をつけたり、冬場は使い捨てカイロなども活用して、関節をあたためましょう。

慢性関節リウマチは、血液検査やレントゲンで発見できます。
もし慢性関節リウマチと診断されても、現代の医学の進歩により適切な治療をすれば、進行を防いで痛みを抑えることもできます。
一人で悩まないで、医師の診断を仰ぎましょう。
Category 関節痛

健康第一の慢性関節リウマチのリンクについて

健康第一の慢性関節リウマチのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。