人工関節置換手術

人工関節置換手術 のページを説明

新着記事一覧

人工関節置換手術

長年、関節痛を患っていて、しかも理学療法や運動療法、薬や注射など全て手をつくしたのに良くならない場合、日常生活も不便だし、早く痛みから開放されたいと誰でも思いますよね。

電化製品が壊れると、劣化した部品を交換をすれば、また元のようにちゃんと動いてくれます。
関節痛も同じように関節部分を新しく交換できたらいいのにと思いませんか?

実は、これと同じ考えの手術法「人工関節置換手術」という手術があるのです。
「人工関節置換手術」は、その名の通り 破壊した関節を取り除き、人工関節を入れる手術のことです。

とはいえ、骨のかわりにどのような物が入るのか気になりますね。
人工関節は、金属やセラミック、プラスチックからできています。
関節部分の固定には骨セメントやネジが使われますが、特殊な人工関節はこのようなものを使わなくても固定されるようになっています。

どのタイプのものを使うかは、骨の状態や生活習慣によって変わってきますので、医師の説明をうけましょう。

では、どのような関節痛の方が手術の対象になるのでしょうか。
現在、人工関節を入れられる場所は、身体のほとんどの関節に可能とされています。

しかし、一般的には股関節と膝関節に多く行われていますので、ここでは股関節と膝の場合で見ていきます。
代表的なものとしては、変形性股関節症・変形性膝関節症・関節リウマチなどが対象となります。

もちろん、関節の骨の部分を取り替えるのですから、簡単に決めれることではありません。
しばらく入院が必要になりますし、その後のリハビリも長期にわたることでしょう。
家族の手助けも当然 必要になります。
医師や家族とよく相談して、納得した上で、手術に望みましょう。
Category 関節痛

健康第一の人工関節置換手術 のリンクについて

健康第一の人工関節置換手術 のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。