股関節痛

股関節痛のページを説明

新着記事一覧

股関節痛

妊婦さんが、母親学級などで習う安産体操は、腰痛を防いだり、股関節を強化させる目的があります。

お産のときは、足を大きく開かなくてはなりません。
股関節が硬くて開かないと、赤ちゃんが出てこれなくなってしまいます。
特に女性の骨盤は、男性に比べて股関節が浅くなっているので、ずれやすくなっています。

出産時には、産道をひろげるために、股関節はずれるものなのですが、出産後は元に戻るようになっています。
しかし、中には大きくずれすぎると回復に時間がかかり、股関節の周りの筋肉も硬くなるために、痛みを生じるようになります。
これが股関節痛です。

股関節痛が女性に多い理由がわかりますね。
もちろん、出産を経験していなくても股関節痛になる方はいらっしゃいます。
日常の生活で、足をよく組む、横座りをよくする、片方の足に体重をかけて立つ。
このような覚えがある方は要注意です。

股関節に痛みを感じるようになったら、すぐに病院へ行くのが良いでしょう。
股関節痛には、股関節につながる腰や膝、肩や首にも影響を及ぼしていることがあるからです。

痛みの原因となっている患部も同時に治療する必要があります。
ひどくなると、人工関節に置き換える手術を勧められることがありますが、手術をしても元の元気な身体になる人ばかりではありません。
ひどくならないように、日頃から股関節運動などをしておくとよいでしょう。

しかし、無理をしてさらに痛みが増しては元も子もありませんから、医師の指示に従いましょう。
Category 関節痛

健康第一の股関節痛のリンクについて

健康第一の股関節痛のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。