ステッキは関節痛のパートナー

ステッキは関節痛のパートナーのページを説明

新着記事一覧

ステッキは関節痛のパートナー

膝が痛くて本当は歩くのもままならないのに、無理に脚をひきずって歩いている人を見かけることがあります。
はたまた、ひきずって歩くくらいなら、外に出たくないと引きこもってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。
もしも、ご家族にこのような方がいたら、ステッキをすすめてみてはいかがでしょうか。

「杖なんて持つような歳じゃない」とお思いかもしれませんね。
ところが、ステッキは膝や股関節の関節痛患者にとって、とても有能なパートナーになるのです。

通常、私達は2本の足で体重をささえています。
しかし、杖を使えば脚とステッキの3本で支えることになりますから、膝や股関節の負担が軽くなるのは分かりますね。

ステッキを持つのは、関節痛の脚の反対側の手です。
例えば、右足が関節痛ならば、左手で持つようにします。
こうすることによって、体重を分散させることができるのです。
ステッキは高齢者が持つものとは限りません。
若くても、早い時期から持つと、関節痛の進行を防いでくれます。

どのようなステッキがあるのかは、インターネットで検索しても、色々な種類を見る事ができます。
紳士用・婦人用・持ち手がおしゃれなもの・折りたたみ式などいろいろな種類があります。
もちろん、手や指、手首にも関節痛があると、折りたたみ式は辛いでしょうから、症状にあったものを選ぶのが良いですね。

初めてステッキを購入するときは、専門家のアドバイスを受けると良いでしょう。
帽子のようにステッキも気分やファッションに合わせて替える方がいたら、素敵ですね。
Category 関節痛

健康第一のステッキは関節痛のパートナーのリンクについて

健康第一のステッキは関節痛のパートナーのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。