肩関節痛

肩関節痛のページを説明

新着記事一覧

肩関節痛

「五十肩」と呼ばれる肩関節痛の症状を一度は聞いたことがありませんか。
40代から50代の方に多く発症するので「四十肩」「五十肩」とよばれていますが、若くても高齢になっても発症する関節痛の一つです。
「五十肩」は肩関節周囲炎といい、肩の関節の周りの炎症によっておきます。
ですから、肩の筋肉が張って痛む「肩こり」とは痛い、肩関節と腕にかけて痛みを伴います。

五十肩になる原因は、やはり骨の老化と考えられてはいますが、はっきりとした原因はわかっていません。
痛みを突然 感じたとたん、腕が上がらなくなると言われています。
安静時はもちろん、肩を上げたり下げたりする上下運動が痛みで出来なくなります。

五十肩を経験した方には、トイレが一番困ったと、おっしゃった方がいました。
下着を上げたり下げたりすることができなかったのだそうです。
腕を思いっきり上に上げるわけでもないのに、そんな動作も困難になるのです。

また、慢性してくると、夜寝ていても痛みを伴うようになります。
もちろん、このような症状が出たら、我慢も限界でしょう。
病院へ駆け込む方がほとんどです。
では、五十肩にならないためにはどうしたら良いのでしょうか。

一番の予防は、姿勢を良くする事です。
テレビを見る時やくつろぐ時、寝転ぶ方は多いのではないでしょうか。
確かにこの姿勢は楽ですね。
でも、このような姿勢の悪さが肩に負担をかけているのです。

さらに、肩の血行をよくすることも大事です。
普段から、お風呂の中で十分に温めて、軽い運動をするなどして関節痛の予防に努めましょう。
Category 関節痛

健康第一の肩関節痛のリンクについて

健康第一の肩関節痛のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。