関節痛に使う薬

関節痛に使う薬 のページを説明

新着記事一覧

関節痛に使う薬

病気になると、健康のありがたみがよくわかりますね。
一日でも早く治したい、元気になりたいと誰もが思うはずです。
普通の風邪ぐらいなら気力で治すという人もいれば、すぐに病院へ行く人、薬局へ薬を買いに走る人などいろいろですね。

関節痛の痛みは、とにかく辛いものだといいます。
関節痛の治療で病院へ行くと、消炎鎮痛薬を処方されます。
これはどのような効果があるのでしょうか。

消炎鎮痛薬には、炎症を引き起こす物質と炎症によって生じた物質をブロックする働きがあります。
関節痛、特に変形性膝関節症などには消炎鎮痛剤の中でも非ステロイド系の消炎鎮痛剤が多く使用されます。
痛みに対する速効性は高いので、痛くなるとすぐに飲みたくなるかもしれません。

しかし、非ステロイド系の消炎鎮痛剤は、胃痛や胸やけ、食欲不振などの副作用が出ることがあるのです。
胃腸系が弱い人は特に注意が必要ですね。
ほとんどの病院では胃薬も一緒に処方してくれますが、それでも胃の不快感がとれない方もいらっしゃるでしょう。
そのような時には消炎鎮痛の座薬もありますから医師に報告するようにしてください。

また、関節痛の方には、しびれや筋肉のこわばり、不眠で悩んでいる方も多いようです。
このような場合は、その症状にあった薬も処方してもらえますので、どのような症状で悩んでいるのかを適切に伝えれるようにメモをしておくといいですね。

処方される消炎鎮痛剤は、必ず飲まなくては いけないわけではありません。
調子がよければ、湿布剤だけにする、痛いときにだけ飲むなど少しずつ量を減らしていくのが良いでしょう。
Category 関節痛

健康第一の関節痛に使う薬 のリンクについて

健康第一の関節痛に使う薬 のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。