病院で行う関節痛の検査

病院で行う関節痛の検査 のページを説明

新着記事一覧

病院で行う関節痛の検査

関節痛の痛みに耐え切れず、病院に行ったものの、レントゲンをとってもらうことは必須条件ですが、他にはどのような検査を受けるのでしょうか。

どのような病気でも、医師の問診を受けるのは当然ですが、医師からの質問に答えるだけではなく、質問があれば聞けるようにしておきましょう。
また、飲んでいる薬・アレルギーなどがあれば、はっきりと伝えるようにします。

検査としては、血液検査や尿検査も行われます。
この検査によって、他に病気をひきおこしていないかなどが分かります。
もちろん患部も見せなくてはなりません。
レントゲンをとる際には、衣服もとらなくてはならない場合がありますから、着脱しやすい服装がいいでしょう。

レントゲンで関節痛の原因が分からない場合は、MRI検査をおこなうことがあります。
MRI検査とは、トンネルのような検査台の中に入って身体の断面をあらゆる角度から写し出す方法です。
レントゲンでは写らないような軟骨・靭帯・筋肉も見る事ができますし、放射線がないというのも安心ですね。

最近では、MRIを導入している病院が多いのですが、導入していない病院からもMRIを撮ってもらえる病院を紹介してもらえます。

関節痛は長期にわたってつきあっていかなくてはならない病気です。
病気とつきあうと言う事は、医師との付き合いも長くなるわけです。
話を親身になって聞いてくれるのはもちろん、よりよい治療法を一緒に考えてくれるような医師とめぐりあえるといいですね。
Category 関節痛

健康第一の病院で行う関節痛の検査 のリンクについて

健康第一の病院で行う関節痛の検査 のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。