膝に水がたまる理由

膝に水がたまる理由のページを説明

新着記事一覧

膝に水がたまる理由

膝関節痛をかかえている方から「膝に水がたまってたから、抜いてもらった」なんて話を聞いたことはありませんか。

確かに人間の身体の60%は水で出来ているというぐらいですから、不思議ではありません。
しかし、この場合の水とは関節液のことをいいます。
関節液は、膝関節の潤滑油として、とても重要な役割を果たしています。
これがないと、私達の膝は常にキシキシとした状態になってしまいます。

では、なぜ重要な関節液を抜かなくてはいけないのでしょうか?
もともと関節液は、正常な膝の方で、わずか1cc程度しかありません。

しかし、膝関節痛が悪化して変形をきたしてくると、炎症を起こし関節液がどんどん溜まってくるのです。
しかも、溜まった関節液は吸収されることはありません。
溜まった関節液を放置しておくと、圧迫感や不快感を感じるようになります。

さらには、炎症して熱を帯びていますから、腫れて痛くなってくるのです。
歩くときに痛かったり、正座ができなくなるのが分かりますね。
たいていの方が水を抜いても、また溜まって抜くという経験をされます。

しかしこれは、癖になってしまっているのではなく、関節の炎症が治っていないからなのです。
炎症さえなおれば、水が溜まることもなくなります。

医師が水を抜くことをすすめるのは、どれくらい炎症がひどくて、どのような病気が考えられるかを判断するためです。
自分の膝関節痛の状態を知り、炎症を早く鎮めるためにも、「水を抜く」という重要性がわかるのではないでしょうか。
Category 関節痛

健康第一の膝に水がたまる理由のリンクについて

健康第一の膝に水がたまる理由のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。