関節痛にかかったら

関節痛にかかったらのページを説明

新着記事一覧

関節痛にかかったら

関節痛になったら、自己流で痛みを取るのには限界があります。

安静にして湿布を貼っていたけど、我慢できなくなって、と病院へ駆け込む人は多いようです。
中には接骨院へ行かれる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、接骨院はレントゲン撮影が出来ないので、まずは整形外科へ行くのが望ましいでしょう。
レントゲンを撮ることによって、骨の変形がないかどうかを知ることができます。
また、変形がなくても今の自分の関節の状態を知っておくことは今後の関節痛の症状を悪化させないためにも重要なことです。

病院によって、期間はまちまちですが、半年に一度はレントゲンをとって、関節の変化をチェックしてくれる病院もあります。
自分の関節が変形してきていないか、また変形がひどくなっていないかをチェックできるので安心ですね。

また、関節痛は骨の老化が原因の一つに考えられているので、骨密度を測り、骨粗しょう症の検査をしてもらうのも良いでしょう。
骨粗しょう症の検査は、大変簡単なものです。
手首から肘までの部分をX線撮影するだけで、骨密度をはかることが出来ます。
検査の所要時間は約2〜3分といったところです。

骨密度が低いということは、骨がスカスカの状態になってきているということです。
ですから、早めに治療を開始すれば、骨の変形はもちろん骨折などの怪我をふせぐことができます。

病院ではどんな検査をしてもらえるのか、どんな検査をしてほしいかをあらかじめ調べて行かれるとよいでしょう。
Category 関節痛

健康第一の関節痛にかかったらのリンクについて

健康第一の関節痛にかかったらのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。