短時間睡眠者について

短時間睡眠者についてのページを説明

新着記事一覧

短時間睡眠者について

一日に必要な睡眠時間は、4時間で充分の人もいれば9時間必要の人もいます。
しっかり熟睡できて、目覚めもスッキリしているのなら、6時間未満でも睡眠時間は十分という人を短時間睡眠者といいます。

歴史的にみて、短時間睡眠者で有名な人物と言えば、ナポレオン皇帝です。
ナポレオンの平均的な睡眠時間は、3時間程度という記録が残っています。
他にも、発明王と知られるエジソンも、短時間睡眠者であったようです。

また、マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツは、数日眠ることなくプロミングを行い、あのウィンドウズを作り上げました。

現代でも短時間睡眠者は存在していて、その中には3時間で充分の人もいますし、1時間程度の睡眠でも平気、という驚くべき例も報告されております。
短時間睡眠者は、寝つきがとても早く、深い眠りが長いわけではありません。

ところが、夜中に目が覚めることがほとんどなく、睡眠を全体的にみると、ノンレム睡眠が閉める割合が非常に多いのです。
つまり、このような人は、効率的で無駄のない眠り方をしているのです。

短時間睡眠者に特徴的なのが、目覚まし時計がなくても、パッと目覚めることができ、昼間に眠気がくることはありません。
また、普段より1時間早く寝たら、翌日は普段の1時間早く起きるようです。

このように、一定して自分の睡眠時間が決まっていることも特徴です。
短時間睡眠者の性格は、明るくて元気で才能があり、周囲の人とうまくやっていけるような人が多いようです。
仕事においても趣味においても、あらゆることに興味があり、やりたいことがたくさんある人に、短時間睡眠者が多いようです。

短時間睡眠になる原因ですが、遺伝的な影響や生まれ育った環境が、大きな原因と考えられます。
若い時から短時間睡眠の人は、一生短時間睡眠をずっと続けることになるようです。
Category 睡眠障害

健康第一の短時間睡眠者についてのリンクについて

健康第一の短時間睡眠者についてのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。