時差ぼけ

時差ぼけのページを説明

新着記事一覧

時差ぼけ

時差ぼけはなぜ起こるのでしょうか。

2つ以上のタイムゾーン(時間帯)を短時間のうちに移動すると、人間の睡眠サイクルは狂ってしまいます。
体内時計は出発地点の時間のままなのに、到着した場所ではまったく違う時間となっているので、脳が混乱してしまい、すぐには現地時間に適応できません。
この状態が「時差ぼけ」で、急性の睡眠障害のひとつなのです。

また、人間の臓器にも独自の時計があります。
そのそれぞれの体内時計が乱れると、不安定なバイオリズムとなり睡眠のペースが狂ってしまいます。
そのため、食欲不振になったり、胃腸の調子が悪くなるなど、さまざまな症状が出てきます。

まず現地では、夜に寝付けなくなります。
ひどいときは、朝まで一睡もできない場合もあります。
眠れたとしても、サイクルは乱れているので、朝までグッスリと熟睡できません。
昼間も集中力がなく、効率が悪くなります。
体の不調に悩まされることもあります。

飛行機でタイムゾーン(時間帯)を多く横断するほど、時差ぼけの症状はひどくなります。
また、太陽の動きとは逆の、東の方向へ飛んだときに、時差ぼけがひどくなり、回復するのにも時間がかかります。
ちなみに、日本からオーストラリアなどは、タイムゾーンをまたがないので、時差ぼけにはなりません。

子供は比較的うまく時差に順応できるようですが、年齢が上がるにつれて、時差ぼけはひどくなります。
また、日常的に運動している人や、健康で規則正しい生活を心がけている人、普段からよく眠れる人は、時差ぼけになりにくいです。

さらに、仕事などで緊張して出かけるのに比べて、楽しんで遊びに出かける方が、時差ぼけの程度が比較的軽くになるようです。
Category 睡眠障害

健康第一の時差ぼけのリンクについて

健康第一の時差ぼけのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。