昼寝の役割

昼寝の役割のページを説明

新着記事一覧

昼寝の役割

適度な昼寝をすることは、疲労の回復につながり、ストレスの解消にも大きな効果があります。

スペインなど昼寝の習慣がある国の人たちは、日本人やアメリカ人のように昼寝の習慣をもたない人々と比べると、おおらかで非常にストレスが少なく、心身ともに健康な生活をしています。

猫や犬などの動物は、毎日とてもよく眠る習慣があります。
食事をした後はとくに、横たわって眠っていることが多いです。

これと同じように、人間の遺伝子も、昼寝をするようになっているのです。
昼寝をするなら、15〜20分がもっともよい長さです。 30分以上だと、熟睡に入ってしまい、スッキリと起きることができなくなります。
そうなると、無理に起こされたことで、とても不愉快な気持ちになり、寝不足のような感覚になります。

熟睡しないためには、昼寝をする前に、コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物を飲むとよいでしょう。
昼寝をするまでに、カフェインを取ることで、起きる頃には効いてきて、スッキリと目覚めることができます。

理想的なのは、コーヒーなどを飲んで10分ほどリラックスし、それから15〜20分程度の昼寝をすることです。
また、昼寝は午後3時までにしないと、夜に眠くなくなってしまいます。
昼寝をうまく活用することで、作業の効率がよくなったり、血圧も安定するので、さまざまな場面での質が高まるでしょう。

昼寝をとれる人は、できるだけ毎日習慣的にとりましょう。
昼寝をする日もあれば、しない日もあるのでは、重要な夜の睡眠サイクルまで乱れてしまいます。

また、昼寝が習慣的になっている人は、そうでない人と比較して、アルツハイマー病が発症しにくいという調査結果も出ています。
Category 睡眠障害

健康第一の昼寝の役割のリンクについて

健康第一の昼寝の役割のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。