過眠症による副症状

過眠症による副症状のページを説明

新着記事一覧

過眠症による副症状

過眠症による副症状には、情動脱力発作、睡眠麻痺、入眠時幻覚、自動症、夜間の熟睡困難という症状があります。

情動脱力発作とは、怒ったりしたときなど、興奮した時に体中の力が抜けて、膝がガタガタすることで、持っていたものを下に落としてしまうことがあります。
また、声を出すための筋肉や顔の筋肉まで力が入らず、言語がうまく話せなくなることもあるようです。

睡眠麻痺とは、入眠するときに幻覚と金縛りが起こる状態です。 覚醒から睡眠への移行期に、突然体に力が入らなくなり、声も出せなくて、体がどうしても動かないといった、いわゆる「金縛り」の状態です。 これも、発病する初期の段階によく起こることです。 時には、呼吸困難に近い感じがすることもあります。

多くの場合、幻覚を見たり恐ろしい夢を見ます。
入眠時幻覚とは、入眠時の半分起きて半分寝ているような時に、とてもはっきりとした夢のような幻覚を見るのです。
誰かが、鍵のかかったドアを開けて、部屋の中に入って来たとか、自分の体の上に乗っかってくるとか、凶暴な動物に襲われるなどの、生々しくて現実的な幻覚を見たり、幻聴を聞いたり、触られる感じがします。あるいは、自分が飛んで窓から外へ出て行くという、浮遊感覚が起こることもあるようです。

自動症とは、自分では眠いという自覚がないのに、行動したことを全く覚えていない状態です。
夜間の熟睡困難は、睡眠サイクルが乱れることで夜熟睡できないことです。
はっきりとした夢を見ることで、熟睡感が得られないのです。

過眠症では、大脳が覚醒時に近いレム睡眠が頻繁に起こっています。
そのため、熟睡できません。
夜間の熟睡困難によって、頭が重く感じたり、頭痛がしたり、複視などの原因にもなります。
Category 睡眠障害

健康第一の過眠症による副症状のリンクについて

健康第一の過眠症による副症状のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。