睡眠障害による重大事故

睡眠障害による重大事故のページを説明

新着記事一覧

睡眠障害による重大事故

睡眠不足は、実は重大な事故を引き起してしまう原因にもなるのです。
アメリカのある報告によると、1979年に起きたスリーマイル島の原発事故や、1986年のスペースシャトル・チャレンジャー号の爆発事故 、そして1986年に起きたチェルノブイリ原発事故という大事故は、関係者が睡眠不足であったことが直接的な原因となったと指摘しています。

睡眠が充分にとれないと、集中力が欠け、とっさの判断力ができなくなり、思いがけない失敗を起こすことがあります。

電車やバスなどの運転手や、機械を操作するオペレーターなど、職業によっては人の命にかかわる場合もあるのです。
重大な事故を引き起こさないためにも、睡眠についてしっかりと認識しなければいけません。
多くの調査の結果、睡眠不足の人は交通事故を起こす確率が、よく眠っている人に比べ2〜3倍となっています。

また、アメリカでは睡眠障害によって引き起こされる、交通事故などの経済的損失は、年間460 億ドルにものぼるようです。

たかが睡眠不足と軽視してはいけないことが、この巨額のデータ結果からもわかると思います。
アメリカでは、人口の約15%の4,000万人という多くの人たちが、睡眠に関しての異常をもっています。

これにより、アメリカでは「国立睡眠障害センター」が設立されました。
ここを拠点として、睡眠についての研究や医学的な教育、また、一般の人々にも理解してもらうような活動を展開しています。

そのほかアメリカでは、24時間操業している工場において、働いている人々の健康を重視し、事故が起こらないように努めています。

日本ではまだ、睡眠障害や不眠症を個人的な問題だから、と片づけられてしまうことが多いようです。
しかし、社会的に影響を与えることについて、日本でも催眠障害についてもっと考えなければいけないのです。
Category 睡眠障害

健康第一の睡眠障害による重大事故のリンクについて

健康第一の睡眠障害による重大事故のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。