にきびと肌のタイプ

にきびと肌のタイプのページを説明

新着記事一覧

にきびと肌のタイプ

にきびは肌のタイプによって出来やすい出来にくいなどが決まってきます。
肌のタイプというのは4種類あるのですが乾燥肌の人は比較的にきびは出来にくいといわれています。

その理由に、にきびの元になる皮脂が乾燥肌の人は極端に少なくて、脂っぽさが足りないくらいですからにきびにはなりにくいと言われているのです。

そして、普通肌という肌のタイプがありますが、普通肌の人は皮脂の量は多くもなく少なくもない状態で、皮脂が原因でにきびが出来るというよりも、ホルモンのバランスによってにきびが出来たり、生活習慣によってにきびが出来る場合が多いといわれています。

そして肌のタイプの脂性肌の人は一番にきびが出来やすい状態だといわれています。
にきびの元になる脂がたくさんありますから小まめに洗顔しないとどんどんにきびが増えていくといわれています。

肌のタイプにはもう一つ、混合肌という脂性と乾燥肌が混合している人がいますが、この場合は脂性の部分、特にTゾーンなどに、にきびが出来やすい体質であるといわれています。

混合肌はなかなかケアが難しくて、にきびが出来やすい部分は小まめに洗顔が必要ですがそれ以外の乾燥している部分をあまり洗顔しすぎると肌が傷つきますから洗顔の後のケアをしっかりする必要があります。
Category にきび

健康第一のにきびと肌のタイプのリンクについて

健康第一のにきびと肌のタイプのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。