花粉症対策と乳酸菌

花粉症対策と乳酸菌のページを説明

新着記事一覧

花粉症対策と乳酸菌

花粉症対策のひとつとして最近話題となっているものに「乳酸菌」があります。

乳酸菌は私たちにとって有益な微生物の一つでさまざまな種類があります。
乳酸菌にはそれぞれ特性があり、その特性を活かしてヨーグルト、チーズなどの乳製品、また味噌やキムチなどの発酵食品に利用されています。
これまで乳酸菌といえば腸内環境を整えて便通をよくする働きが知られていました。

近年では飲料会社の研究により花粉症の症状を軽減する機能や、新しい種類が発見され注目を集めています。

その一つとして、キリンビールは2002年に高いアレルギー改善作用が期待される「KW乳酸菌」を発見しています。
またカルピス社は2006年に人工曝露実験によって「L?92乳酸菌」が鼻のかゆみ、目のかゆみといった花粉症の症状に効果があることを実証しました。

こういった乳酸菌を利用し、今後様々な花粉症対策の商品が開発されることが期待されています。

この花粉症に有効とされる乳酸菌は、細菌やウィルスを攻撃するリンパ球Th1とアレルギーの原因となるリンパ球Th2、この2つのバランスを保ち、アレルギー症状が起こりにくい環境をつくる働きがあります。

全ての乳酸菌にこのような機能があるわけではないため、ヨーグルトを食べて予防をしたいという場合にはヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類を確認する必要があります。

乳酸菌の効果は即効性があるものではないため、花粉の飛散時期の1ヶ月前くらいから継続してとることが望ましいと言われています。

また、ヨーグルトを食べ続けると下痢を起こす人や、乳製品アレルギーの人はサプリメントタイプのものから摂取することもできます。
Category 花粉症

健康第一の花粉症対策と乳酸菌のリンクについて

健康第一の花粉症対策と乳酸菌のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。