いびきの防止対策6

いびきの防止対策6のページを説明

新着記事一覧

いびきの防止対策6

いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)を治療する方法の一つに「手術」という方法があります。
これは生活習慣を改善しただけでは改善しきれない場合、またのどちんこなどの肥大によって上気道が生まれつき狭いなどの場合に適応されます。


【咽頭を広くする手術法】
いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の手術法として一般的なのがこの「咽頭を広くする手術」です。
これは扁桃や口蓋垂(のどちんこ)などが塞がれていたりして、気道を狭くしている原因になっている場所ですので、そこの粘膜部位を切除して咽頭を広くし、空気が通りやすいようにする手術法です。

手術というと「痛い」と思われる方も多いと思いますが、近年では「レーザー(レーザー手術)」を使用する病院が多くなった為か、痛みが軽減したり、出血が少なかったり傷跡が残りにくく、手術時間も短くて済むなどの患者側の負担がだいぶ軽減された形になっています。


【その他の手術法】
その他に「咽頭を広くする手術」というのは、気管切開や下あごを前に出すという手術があります。
どちらの手術法を選択するとしても専門医とよく相談して、費用や痛み、手術法など分からない事は事前に確認しておき手術するようにしましょう。
また、この手術は健康保険などの適用範囲内です。
しかし病院によっては適用対象外の場合もありますので、手術前には医師に保険が適用されるかどうか費用面などよく確認してから受けられる事をおすすめします。
Category いびき

健康第一のいびきの防止対策6のリンクについて

健康第一のいびきの防止対策6のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。