いびきが警告するあなたの身体の異常

いびきが警告するあなたの身体の異常 のページを説明

新着記事一覧

いびきが警告するあなたの身体の異常

いびきは慢性的な酸欠状態を引き起こしています。
こんな症状がある場合、内科的な原因が潜んでいるかもしれません。

下記にその症状を記載しますので該当するかどうか見てみてください。

・睡眠時に何度も目が覚める。
・昼間の居眠りが多い。
・すぐ横になって寝たいと思ってしまう。
・睡眠時に息苦しくなる。
・喉の渇きが異様に多く、水をがぶ飲みしてしまう。
・鼻や喉の疾患は特に無いが、毎晩大いびきをかいてしまう。
・昼間なんとなく頭がだるくて、集中力が続かずに気力も沸かない。

この他にも色々ありますが、該当するなと思う項目があれば要注意です。
内科的な原因が潜んでいる可能性があります。
身体の異常を警告してくれているのかもしれません。
大いびきをかく人の大半の人が睡眠時無呼吸症候群になっているという事が明らかになっています。
睡眠時無呼吸症候群というのは睡眠時に一時的に呼吸がSTOPしてしまい、身体全体への酸素の供給をSTOPしてしまうということです。

何故危険かというと、睡眠中は人間の身体が最も休息を求める時間なのに、慢性的に酸欠状態になってしまうと生命活動そのものが危険にさらされてしまうという恐ろしい状態になってしまうということです。
身体が酸欠状態になってしまうと、循環器系や呼吸器系などへ悪影響が出てくる可能性が出てきます。
したがって脳梗塞や脳卒中などを引き起こす可能性が出てくるというわけです。

また、合併症も引き起こす可能性もありますので、早めに専門医に診てもらう事をおすすめします。
Category いびき

健康第一のいびきが警告するあなたの身体の異常 のリンクについて

健康第一のいびきが警告するあなたの身体の異常 のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。