花粉症対策と眼鏡

花粉症対策と眼鏡のページを説明

新着記事一覧

花粉症対策と眼鏡

花粉症による目の不快な症状には花粉を目の粘膜に付着させない対策が必要です。
それには眼鏡の着用が有効で、花粉飛散時期の外出には必ず眼鏡を着用し、さらに帰宅したら洗眼、目薬をすることで目のかゆみや炎症を予防することができます。

近年では花粉対策ゴーグルが開発され注目を集めています。
それはレンズのサイドにカバーがついたもので、目と眼鏡の隙間から花粉が入るのを完全に防ぐことができるようになっています。
近年では眼鏡の上からかけられるタイプやサイドに取り付けるカバー、またおしゃれなものなど様々な種類が出ています。

いつもコンタクトを装着している人は、花粉症の季節だけ使い捨てのタイプを用いるなど、常に清潔な状態を保つようにしましょう。
どうしても症状が改善されない場合には花粉の飛散時期だけでも眼鏡と併用することが望まれます。

普通の眼鏡を着用することで目に入る花粉の量を約3分の1に減らすことができ、花粉対策用の眼鏡ではさらに約4分の1にまで減らすことができると言われます。

眼鏡をしていてもちょっとした隙に花粉が目に入り込むことがあります。
そのときは洗眼して花粉をしっかり洗い流します。
花粉専用の洗眼液も市販されており、目のかゆみや炎症を抑える効果があります。

しかし洗眼液や付属の洗眼カップは不潔になりやく眼病の原因になることも少なくありません。
十分注意して取り扱うことが大切です。
洗眼液がなくても水道のきれいな水で洗い流すことで十分花粉を落とすことができます。

洗眼とメガネの着用は花粉症対策として習慣的に行いたいものです。
Category 花粉症

健康第一の花粉症対策と眼鏡のリンクについて

健康第一の花粉症対策と眼鏡のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。