花粉症対策とマスク

花粉症対策とマスクのページを説明

新着記事一覧

花粉症対策とマスク

花粉症の季節になるとマスクをかけて外出している人を多く見かけます。
マスクは花粉症対策グッズとして欠かすことのできないアイテムの一つです。

マスクの役割は花粉やほこりなどの異物が鼻や口から入り込むのを防ぐことです。
花粉症の季節はインフルエンザの流行の時期でもあり、花粉を防ぐと同時にインフルエンザや風邪の予防にもなります。
またマスクを装着している本人がクシャミや咳をした時に周囲を不快な気持ちにさせないという役割もあります。

近年、薬局などのマスク売り場では多くの種類のマスクが並び、何がよいか選択に戸惑う人も多いようです。
マスクを選ぶ時に重視するべきことは「花粉が入り込まない構造になっているか」ということです。
「○%カット」などと表示してある商品も多くありますが、実際には正面から来る花粉はカット率の通りに防御できても、鼻の上や頬の隙間から花粉が入ってくることが実験などで分かっています。
自分の顔の大きさにぴったりと合い、装着したときに隙間ができないマスクであることが何よりも大切です。

また、マスク本体や中のガーゼがこまめに取り替えられるもの衛生的なものが望まれます。
一度マスクについた花粉は洗濯しても残るため、使い捨てや鼻口の接触部分が新しいものと取り替えられるものが便利です。

素材はガーゼより不織布の方が目が細かく花粉のカット率が高くなります。

最近の傾向として立体構造のものや、衛生的な使い捨てタイプが主流となっています。
多層フィルター構造や、繰り返し使える耐久性のあるもの、直接鼻の中に入れるマスク、また保湿ができる濡れマスクといったものまで開発されており、マスクは多様化しているといえます。
Category 花粉症

健康第一の花粉症対策とマスクのリンクについて

健康第一の花粉症対策とマスクのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。