花粉症対策と子ども

花粉症対策と子どものページを説明

新着記事一覧

花粉症対策と子ども

花粉症が日本で発見されて40年余りが経ちましたが、今では「国民病」といわれるまで患者数が増えました。

花粉症が注目を集めた頃は「小児に花粉症はみられない」という見解が一般的でしたが、現在では子どもの花粉症は全く珍しくありません。

子どもの患者は学童期以降になると増える傾向にあります。
3歳の花粉症患者も当たり前で、1、2歳の幼児でも目をかゆがったり、鼻水が出て鼻をかゆがる症状がみられます。
花粉症は低年齢化に拍車がかかっているといえます。

乳児でも少数ですが花粉症はあり、症状を訴えることができないため見過ごされることも多いようです。
出生後の早い時期に多くの花粉を浴びると花粉症になりやすいといわれています。
花粉症の有無にかかわらず、花粉が多く飛んでいる季節にはできるだけ外出を避けたほうが無難といえます。

花粉症を発症する子どもの多くは、それ以前にダニによるアレルギー性鼻炎を発症しています。
そのため花粉症対策を考える時にはダニ対策も必要です。

また気管支喘息やアトピー性皮膚炎など他のアレルギー疾患とも深く関わっています。
花粉症が原因でアトピー性皮膚炎が悪化したり、喘息症状を引き起こすことも少なくありません。

子どもの花粉症の症状緩和のためには花粉を避けることが重要な対策です。
窓を閉め切ったり、こまめに掃除をすることで花粉を室内から排除することです。
花粉は室内では落下して床にたまっているため床の拭き掃除が効果的といわれています。

こどものアレルギー疾患には部屋の空気を清潔に保つことが最も大切といえます。
Category 花粉症

健康第一の花粉症対策と子どものリンクについて

健康第一の花粉症対策と子どものリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。